防災・医療 業界

株式会社芹沢システムリサーチの防災・医療の業界のページのヘッダー画像です。株式会社 芹沢システムリサーチはお客様の製品開発に必要な特性試験機や、生産ラインに必要な出荷検査機や検査システムやトレーサビリティシステムや、品質保証に必要な耐久試験機や性能試験機などを製作する会社で、画像にはこれまでに製作した指先にセットして使われるSPO2チェッカーや血圧計や煙式の光電式の火災報知器や熱式の火災報知器があります。これらはお客様の製品を示しています。隣には自動昇降式の自動検査治具やハンドプレスの基板プロービング機構を備えたそれだけでファンクション検査がすべて行える基板検査機や血圧計の腕帯を伸ばして縮めてエアーを入れて膨らませたりエアーを抜いて伸ばしたりする血圧計における検査動作を行う耐久試験機や、アイリスの開度をモータを駆動し、駆動量を基準としてアイリスの開度を測定し判定する検査機や、複雑な高機能な基板のボリューム調整やスイッチ押しやファンクションテストやLEDの色点灯・点滅など判別が可能な自動昇降式自動検査治具などがあります。これらの設計製作は自社で行います。すべて自社開発です。お客様のご要望があれば商社を通して販売します。ご要望がなければ直販します。

生活や命に関わる防災医療システムを市場へ送り出す前には、確実な動作を確認できる特注検査機やシステムが必要です。
当社は創業当初から防災・医療業界向けに特注検査機やシステムを開発してきました。煙式火災報知器シェアNo.1のお客様のライン検査機を一手に引き受け開発しています。
特注検査機の開発数は、関東No.1と自負しています。(関東のみの調査)

現代に至るまでの様々な技術に対応してきたノウハウがあります。

防災・医療機器はメーカ独自の先端技術の塊です。
概略となりますが、いくつか実績をご紹介します。

※お客様の製品技術に関わる検査の詳細は掲載していません。
※お問い合わせ頂いてもお答えできない内容もあります。
※お客様の掲載不可内容があった場合すぐにご連絡ください。

アイリスの開度測定

アイリスが正しい開度となっているかを検査する装置を長年開発しています。
特に、重力による影響を計る3次元開度測定装置は3次元機構からを開発しています。
アイリスの開度は画像処理で測定します。技術の進歩に伴い、画像処理も比較的簡単にできるようになりました。カメラも安価なものを使用できる場合もあります。

アイリスの開度測定装置の画像です。モータドライバも含めて開発しています。

                   ※ソフト画面のアイリスは実際の画像とは異なります。

pagetop

基板上のボリューム・スイッチ・LEDの検査

防災・医療機器には高機能な複合基板が内蔵されています。
複合基板の全ての機能を、セット1回で検査できるように、全自動治具を用いた検査機を開発しています。

プロービング    

スッと昇降します。

スイッチ押し

スイッチ押し機構でON/OFFし、
モードを切替ながら検査ができます。
ボリューム調整

電動ドライバとクラッチ機構で、出力を測定しながら
自動調整します。
LED判別

センサやカメラを用いて、LEDのON/OFF/点滅・色・
信号などを判別します。

SSRならではのポイントはこちら↓

複雑な高機能な基板の画像です。小さいボリュームや小型のスイッチや複数のLEDがありマイコンが搭載された基板の模式図です。ボリューム調整やスイッチ押しやファンクションテストやLEDの色点灯・点滅など判別が可能な自動昇降式自動検査治具が開発できます。

SSRは ここが違う!
ボリュームを
絶対に壊さない!

クラッチ機構でドライバをストッと挿入!
(秘)リミット技術でMIN/MAX位置でドライバが止まります。

どこからでも
スイッチ押し!

上からでも、下からでも、横からでも、上と横でも、
スイッチ押しの実績があります。

ノイズが少ない!



エアシリンダ版はノイズが少なく、防災医療系に向いていますが、
電動シリンダ版でも、ノイズが発生しないように
検査中は励磁を切った状態で保持する工夫をしています。

LED判別が安価!


組み込みシステムならSSRの独自開発センサで、
パソコンシステムならUSBカメラで構築します。

プロービングで   
手を挟まない!

センサ付フィンガーガードがあります。
万が一手を入れても、ポンッと当たるだけで戻ります。

pagetop

微小電流の測定

直流ならμA(マイクロアンペア),nA(ナノアンペア)なんのその、
pA(ピコアンペア),fA(ヘムト アンペア)まで測定した実績があります。

μA,nAの測定まで複合基板の自動治具に測定機能を盛り込めるので、検査の一環とすることができます。fAのオーダーの測定は専用箱となります。

f フェムト   10のー15乗
ピコ10のー12乗
ナノ10のー9乗
μマイクロ10のー6乗
ミリ10のー3乗

微小電圧の測定

微小電圧の測定を得意としています。

特に、交流電圧は約30mVppの測定まで複合基板の自動治具に測定機能を盛り込めるので、検査の一環とすることができます。

pagetop

通信 RS-232C,SPI,I2C,独自通信,電源通信

RS-232C通信をはじめとする様々な通信を用いた検査機を開発しています。防災・医療に用いられる通信は、多くは専用線となっており独自の通信が用いられています。確認できる機器が存在しない独自の通信方式に対応しています。
信号の発生・受信解析・キャリブレーション・メモリ書き換え・故障時の挙動確認など。

通信の例

RS-232C,RS232C変形,SPI通信,I2C通信,独自通信など

関連機器の例    



擬似信号発生装置,火災報知器通信装置,ビル用通信確認装置,
自動応答装置,通信分岐装置,通信故障診断装置,1対n通信器
電源ライン通信送受信装置,送受話検査機,故障発生装置,
ファンクションテスタ,感度調整設定器,完成品機能検査機 など

生産ラインのデータシステム

工場の生産ラインの管理システムもさまざま開発しています。

工場管理システム  
の例

生産トレーサビリティ システム,
生産データベース システム,
生産性管理システム,データ処理装置 など

pagetop